松新の料理

シラス漁 好調!

シラス漁が好調です。

ここ数年、シラスは夏前には魚影が消えることが続いてますが今年はまだまだ揚がってます。

 

大きさはさまざまです、大きいのと小さいのが混じって通称「ごけさ」って言われてます。

きれいですね、透き通ってますね。

こんなに大きさもそろっているときもあります。

これから夏にかけては貝とか甲殻類の幼生が混じってきます。俗にいう「チカチカ」ですね、そうなると値段が一気に下がってしまいます。

2日ほど続けて出漁すれば魚を休ませているようです。

 

生シラス丼です。

このどんぶりを提供するきっかけはお客さんから電話で「生シラス丼って食べたいんだけどできますか?」というお問い合わせでした。

今から10年位前ですかねぇ。

断れない私は、友人の漁師奥村君に手に入らないか聞いたら「おっ、いいぞ」という元気な返事でした。

早速シラス漁がある日にお客さんに電話して「今日はありますからどうぞ!」

そしたら、大変に喜んでいただきました。「静岡や神奈川まで食べに行ってたけどこれで身近に食べられるな。」

それからずう~と、奥村君にはお世話になってます。HPや看板にまで宣伝しまくりました。

あとはシラスの佃煮を作ります。

 

大きな鍋でドバっと炊きます。

周りにいいにおいが充満します。

これはたまらんですね。

お店の小鉢につけたり、お土産で販売したり、

知り合いや常連さんにあげたりとすぐにまた煮らないといけなくなります。

 

あ~、いそがしいなぁ、、、、、