松新の料理

2日で4食の海鮮料理

オードブル

オードブル近所のチッタナポリの住民の知人から「両親が遊びに来たので2日間の海鮮を昼、夜と作ってほしい」とのことです。

 

水槽のいろいろな食材を使ってリクエストを聞きながら盛り付けていきました。ワタリガニが欲しいとのことで雌の卵いっぱいのしっかりしたカニや、タイの塩焼き、サザエなどを盛り込みました。

オードブル昼は少しの刺身とパンパン牡蠣の醤油焼き、カツオが入荷したのでカツオのタタキ、ふぐの姿焼きとふぐのから揚げ、タコ姿茹で、大アサリのフライです。

フグはヒガンフグを水槽から上げてイキイキを醤油焼き、大アサリは小粒の柔らかいフライでこれはうちの80過ぎの母も大好きです。

ヒゲナシダイ造り師崎産これは珍しい、ヒゲソリダイです。片名漁港から仕入れた魚たちに交じっていました。

ヒゲダイかどうかは未確認でした、(オソマツ!)

ヒゲナシダイとも言いますね。

どちらが正しいのかはわからないけど、あごの下に白いひげがあるのか、ないのか。です。

でも素晴らしいきれいな白身でイシダイに近い身質です。脂も乗って下のおいしいマダイもかすむくらいです。

かぶと煮なんでもお父さんが兜煮が好きなんです。

とのことで、2日連続で付けてほしい。

というリクエストはお母さんが電話に代わってわざわざ申し付けられました。

さっそくマダイのかぶと煮を作ってお付けしました。

うちは魚ばかりですが昼夜2日連続ですがいいですか?って聞いたら魚が好きですから大丈夫です。とのこと。でも喜んでもらえたようです。